ちょっとずつ白目の割合が増えます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ああ。時間を稼ぐのはいいが---
別に、アレを倒してしまっても構わんのだろう?」


イカス。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
アーチャァァァァァァ
アーチャーのかっこよさは異常。

「……………アーチャー、わたし」
 何かを言いかける遠坂。
 それを。

「ところで凛。一つ確認していいかな」

 場違いなほど平然とした声で、アーチャーが遮った。

「………いいわ。なに」

 伏目でアーチャーを見る遠坂。
 アーチャーはバーサーカーを見据えたまま、

「ああ、時間を稼ぐのはいいが―――
 別に、アレを倒してしまっても構わんのだろう?」

 そんな、トンデモナイ事を口にした。

「アーチャー、アンタ――――」
「―――ええ、遠慮はいらないわ。
 がつんと痛い目にあわせてやって、アーチャー」

「そうか。ならば、期待に応えるとしよう」
2007/05/21(月) 17:42:43 | URL | 零 #3/2tU3w2[ 編集]
おひゃー
「行くぞ英雄王
 武器の貯蔵は十分か?」

名言多すぎワロタ


つか、とうとうそれに手を出したか少年。
2007/05/22(火) 08:23:29 | URL | コメント返信 榊 #mQQEfdr.[ 編集]
>>零
まあ、まあ落ち着けよ。

>>榊
友達に借りた。
なげぇ。
2007/05/22(火) 22:13:46 | URL | グス #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。