ちょっとずつ白目の割合が増えます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
球技大会
今日は球技大会でした。
するのはサッカー。
が、

天気が悪いので体育館でフットサルをやります


は?


結局フットサルをやりました。
ずぶ濡れになることを想定して体操服の着替えから靴下からバスタオルまで持ってきた意味は、全く無いらしい。
HAHAHA!
しかも、体育館の壁が壊れないように、ポートボールの様にゴールに味方を置いてボールをキャッチしたら得点、という実に盛り上がらないルール。

トーナメント形式。1試合3クォーターで、各5人ずつ。
うちのクラスの男子は17人で、体育委員の人が仕切って5人、6人、6人の3つに分けて、6人居るところから出ない人を1人ずつ決めるという事にして、私は体育委員の居る6人のところ。
負けた人が出ないということでジャンケンをし、負けたのが、うちのクラスのリーサルウェポン・通称「シフチェンコ」。サッカーをするときだけ何故かそう呼ばれる。
一度シフチェンコが出ないという事で決まったのですが、

体育委員「戦力的にシフチェンコが出ないのは不味いだろ

と言い始め、再度ジャンケンをすることに。一撃必殺で私の負け。

体育委員「あ~、よかったぁ~

ジャンケンに勝ってそんな事を言う体育委員。
うざっ
いや、別に出られないことは構わないのですが、仕切り役の人が自分の提案で招いた結果を覆して、その上「自分は出られるから安心」という心の内が丸見えなのが協調性に欠ける気がしてならなかった。



そして初戦敗退

第一試合だったので、10時半には今日やる事の全てが終わっていたという。



あまりに暇だったので、数人で女子のバドミントンの応援してました。
はたしてミントンが球技なのかは疑問ですが。

で、どんな応援をしていたかというと、
サザエさんのED曲歌ったり、ロン毛がどうとか全裸がどうとか叫んだり、サッカー日本代表の応援をしてみたり。
女子の群れから1.5メートル離れただけの場所でよくもまぁあんな下ネタを多用したもんだ。
半分は「ウォーイ!」とか言ってただけのような気もしますが。

そんな応援の甲斐あって(違)2位でした。
でも期待されるような応援はプレッシャーになるから、あれでもよかったのかも。

っていうかそもそも応援じゃない。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
トーナメント式の球技大会の第一試合でいきなり負けるってパターンは俺もあった。

あの時は友達と図書室に行って暇つぶししてたっけ・・・。
2005/12/07(水) 04:43:06 | URL | オメガ #mxhIUcQY[ 編集]
おひゃー
あ る だ け で マ シ だ と 思 え 。

こっちは人生において多分最後の体育祭だったっていうのになぁ、
雨天中止で後日決行っつーのも無しの完全中止。
ふざけるなと思ったね。私の唯一の楽しみを取ってなにが楽しいのかとね。
あー揺れる乳がー、汗ばむ肢体がー、はじける笑顔がー

一応の一応はそれなりの一応だ(意味不明
とりあえず愛読書の1つです。
2005/12/07(水) 18:15:08 | URL | 榊 #mQQEfdr.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。