ちょっとずつ白目の割合が増えます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
電話
期末テスト2日目ー
英G(グラマー):それなりに。平均以上の自信はあります。
現国:いまから今回のテストで最悪だと思います。・・・欠点?
理科:これもそれなり。ただ所々自信が無い。

現国がそうとうヤヴァイです。他の教科でいい点とってカバーとかそれどころじゃない。
一番好きな教科のテストが一番悪いって、笑える話だ。
・・・おっかしいなぁ。



電話がかかってきたのですが、予想通りの展開と言うか何と言うか。
私は声が低く、父にはっきり喋れと言われます。そんな声で会った事も無い人と電話をすれば仕様がないのかもしれませんが、大抵の場合、私が子供である事など気付くこともなく、何のことやらさっぱり分からない話をされるわけです。
やれ生命保険がどうの、光ファイバーがどうの、家庭教師が云々。
それを左から右に聞き流し、相手が一息ついたところで「私は子供だから分かりません」みたいなことを言って「ご両親はご在宅ですか」に「いいえ」と答える。
そんな手合の電話が2日に1回はあります。
電話に出た相手が誰であるかを確認する人ってほんとに少ないんですよね。
ゲップでも一発くれてやらないと割に合わない。

とまぁ、悩みの1つでした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。